ソープ(SOAP)

ソープ(SOAP)とは、『Simple Object Access Plotocol』の略称であり、異なるコンピューター上で動作するプログラム同士がネットワークを通じてメッセージを伝えあい、連係して動作するための通信規約(プロトコル)のひとつです。

異なるコンピューターと言うことですが連携するのはあくまでネットワーク上なので、それぞれのコンピューターの距離は関係なく、遠隔地同士でもネットワークが利用できる環境であれば利用することが可能となっています。また、ソープ(SOAP)でのメッセージの送り方にも種類があり、メッセージの記述にはXML、データ伝送にはHTTPを用いるなど、それぞれのデータ形態によって使い分けることが可能である点が特徴です。と言うよりも、それぞれのデータ形態に見合った形態で自動的に送られることになるため、非常に使い勝手の良い通信規約となっています。

インターネット上ではソープ(SOAP)のシステムを利用して、インターフェーズ情報がユーザーに公開されています。ユーザーはこれを利用してどこでどのようなWEBサービスが利用できるのかなどの情報収集を行うことが可能となっており、情報検索も容易に行うことができるようになっているようです。

ソープ(SOAP)はプロトコルとしても軽量となっているので、情報量が多くても通信に負担をかけることが少なく、言語やプラットフォームに依存しないところもメリットとして人気があります。また、データ構造のみが規定されているため、転送用プロトコルとして既存の任意の通信プトロコルを使用している点も特徴です。つまり転送用のものは任意で選ぶことが可能となっているので、自分の使いやすい通信プロトコルを選択することができるという点があります。また、通常のものであればファイアーウォールなどでシャットダウンされてしまう通信も、ソープ(SOAP)ならファイアーウォールを越えて通信できるという点が非常に大きなポイントとなっています。

お見積もりフォーム