Google APIのAPI key取得方法

ここ数年、システム開発においてWeb APIを利用する頻度が多くなった感じがします。

他社が提供するサービスなので、サービス終了やバージョンアップと共に利用できなくなる、などというデメリットもありますが、それよりも開発するには膨大なリソースを使わなければいけない仕組みでさえ、Web APIを利用することでさくっとできてしまうこともあり、そりゃあ使うしかない!というのが現状です。

特に、Google社の提供するGoogle APIは本当に色々な機能が提供されているので、数あるWeb APIの中でも断トツに使っていたりします(個人的に)。

今回は、Google APIを利用するにあたって必要となる、API keyの取得までの流れをまとめてみたいと思います。
Googleアカウントは既に取得している前提で話を進めます。

  1. Google APIs Consoleにアクセス。
  2. 『Create project…』をクリック。
  3. 使いたいサービスの『Status』を『OFF』⇒『ON』に変更。(ここでは『Custom Search API』を有効化)
  4. Review terms of serviceのページで『I agree to these terms.』にチェックを入れ、『Accept』をクリック。

    ※初めて使う場合、『Google APIs』に対する同意も要求もされます。

たったこれだけです。

左ペインのメニューにある『Overview』をクリックすると、プロジェクトのサマリーを確認できます。

肝心のAPI keyはというと、左ペインのメニューにある『API Access』をクリックすると、確認できます。

左ペインのメニューには、他にも『Reports』『Quotas』など、運用する上で必要となる情報を確認するためのものが備わっていたりしますが、本記事では割愛します。

Google API。。。便利なので、使ったことのない方は使ってみてはいかがでしょうか?

お見積もりフォーム