「ZendFramework」の持つ凄みとは!?

当然の事ですが、PHPフレームワークは「ZendFramework」の他にも数多く存在します。
「ZendFramework」は、PHPそのものの開発に携わっている「Zend Technologies(ゼンド・テクノロジーズ)社」が作成したフレームワークでありながら、リリースはその他のメジャーなフレームワークに比べてやや遅めでした。
ただ、その分、と言いますか、後から作成したものには、前の作品の使い辛かった部分や、使い勝手の良かった部分を排除、吸収、研鑽して作成出来ると言う強みがあります。

「ZendFramework」はその構造をシンプルにする事で、全体の動作をスピーディにさせる事が出来ます。
大規模開発に使われる様なフレームワークは、様々な機能が非常に丁寧に整備されている反面、その容量の大きさから、動作が重くなりがちですが、「ZendFramework」はそのマイナス面を払拭したフレームワークであると言えます。

「Zend Technologies社」がPHP開発に携わったのは、「PHP2.0」がリリースされた後で、当時、この「PHP2.0」が多くのユーザーから不備な点を指摘され、根本的な改良を行なうプロジェクトが立ち上がりました。
その参加企業の中の一つに、Zeev Suraski(ゼーブ・スラスキー)とAndi Gutmans(アンディ・ガトマンズ)率いる「Zend Technologies社」があったわけです。
「Zend Technologies社」の「Zend」は、創業者である上記二名の名前「Zeev Suraski」の「Ze」と「Andi Gutmans」の「nd」を合わせたものだと言う事も、一口メモで入れておきます。
そして「PHP3.0」がリリースされた後、更なる改良が必要である事が求められ、PHPの中核を担う機能である「Zend Engine(ゼンド・エンジン)」が開発されたわけです。

お見積もりフォーム