フレームワークについて

”フレーム”とは、”フォトフレーム”などで知られていますが、英語で「枠組み」のことを指します。
”ワーク”とは、これも同様に皆さんご存知かと思いますが、英語で「仕事、研究、作業」などのことを指します。

それでは、”フレームワーク”という言葉は、一般的にどのようなことを示しているのでしょうか。

なにかを思いつき、そしてそれを形にしていくこと、すなわち開発。また、開発したものを、ビジネスをする上で何か別のところに運用していくという過程で、それらの行程を実現するために必要な考えのまとまり、枠組みを総称して、今、”フレームワーク”という言葉が様々な現場で使われています。

まず企業では、”ビジネスフレームワーク”という言葉が存在します。経営戦略を練る上で必要な、そして社内で共有すべき基盤となる考え方や、より効率良く業務が進行していくためのアイディアの集まり、その枠組み、またそれらに役立つ分析ツールなどに対して、この、”ビジネスフレームワーク”が使われているのです。

また、IT産業では、”ソフトウェアフレームワーク”、”アプリケーションフレームワーク”などがソフトウェアやアプリケーションの開発の中で、重要な役割を果たしています。

時代の最先端をゆく様々な企業やIT産業界では、それぞれの個人の持つ良きアイディアの反映はもちろん、人事やプロジェクトの進め方の改善、全体像の把握に勤める中で、社内で共有すべき考え方、またその都度変えていかなくてはならない事柄の存在などを従事者たちに提示し、それぞれが充分に把握し納得することが、とても重要な課題となります。
より良い方向へと導くために、そして、より良い製品を広げて行くために、今や、それぞれのフレームワーク”という概念及びシステムは、ビジネスをより革新的になものとする重要な手段であり、企業にとって必要不可欠な要素として位置づけられています。

お見積もりフォーム