Webシステム開発

Webシステム開発では、ネットワーク上の通信を介して動作するソフトウェアを作成します。ウェブサイト上のデータを変更する機能や、更新する機能も開発します。

それを行う会社では、ウェブサイトの作成を行っていることが多く、ウェブ関連の知識も豊富です。これらの知識を活用して、技術的な面から顧客のウェブサービスを支え、ウェブサイトの技術的なサポートを行います。企業の事務作業に関連した情報処理システムの開発など、基幹システムの構築を行うWebシステム開発会社もあります。

Webシステムの開発では、特別なソフトを用意する必要がなく、初期コストの削減も可能です。Webシステムは、インターネットに接続できるパソコンがあれば利用できます。操作はブラウザ上で行うため、システムの利用も簡単です。開発言語に柔軟性があるため、改良や機能の追加も容易で、システムの運用を停止せずに行うことも可能です。

プログラミングではPHPが使用されることが多く、比較的簡単にプログラミングを行うことができるため、人気があります。Perlも人気がありましたが、サーバに負荷がかかるなどの弱点があるため、技術者も減少しています。

PythonやRuby、ASP/ASP.net、JavaなどもWebシステム開発で使用されます。Pythonはきれいなソースコードを書くことができる言語で、ライブラリの数も豊富です。Rubyは日本人が開発した言語で、自治体の中にはRuby講座を開講しているところもあります。これから技術者が増加すると考えられている言語です。

ASP/ASP.netは、Windows系のサーバで動作するスクリプト言語で、C++やC#など、他の言語と組み合わせて使用します。Javaはどの環境でも動作する言語で、技術者も多く、ゲーム、アプリケーション、サイト、システムなど、さまざまなソフトウェアを制作することができます。

お見積もりフォーム