CodeIgniterの機能

CodeIgniterはPHPに対応したフレームワークで、シンプルかつ高速、学習に時間がかからないことが大きな特長で、動的なサイトの構築に対応しています。すでに公式の日本語ユーザーガイドが存在しており、それらを見ることで基本的な操作を理解することができます。

CodeIgniterの日本語ガイドは基本情報、インストール、イントロダクション、一般的なトピック、クラスリファレンス、ドライバリファレンス、ヘルパー関数リファレンスなどがあり、充実していることが特徴です。このCodeIgniterを利用するには日本語ガイドにある「CodeIgniterをダウンロードする」をクリックします。2014年2月26日現在では2.0,3が最新バージョンです。

ダウンロードすると.zipで圧縮されたアーカイブを解凍すると、フォルダが作製されますが、この中に必要な物は全て含まれており、初めての方であれば、イントロダクションを全て呼んでから始めることがポイントです。

イントロダクションにおける解説は無料、軽量、高速に動作する、M-V-Cの採用、URL生成機能、拡張性、非必須のテンプレートエンジン、コードにドキュメントの義務付け、ユーザーコミュニティーなどに関して説明しています。

CodeIgniterがサポートしている機能はM-V-Cのデータベースシステム、複数のプラットフォームをサポートするフル機能のデータベースクラス、Active Recordデータベース、フォームとデータの検証、セキュリティとXSSフィルタリング、セッション管理、Emil送信クラス、添付HTML/Text eメール、Sendmail・SMTPなどの複数プロトコロ対応、画像操作ライブラリ、ファイルアップロードクラス、FTPクラス、ローカリゼーション、ページ処理、データ暗号化、ベンチマーク、ページきゃしsング、エラーロギング、プロファイラ、カレンダークラス、User Agentクラス、ユニットテラスクラスなど他を備えています。

お見積もりフォーム